やりたいこと100ある男がやるブログ

やりたいこと、数は100。いつまでにできるか!

最適なミニマルな暮らしを綴りました。

 
傲慢になるならお金はいらない
 
乱暴になるなら力はいらない
 
人を騙すなら知恵はいらない
 
少しの皮肉と笑顔だけで、存在していられます。
 
物を大事に、
無ければそれでいいです。
 
有るから選ぶ、
選ぶから迷う、
迷うから間違う。
 
そんな私にとって 、
ちょうど良いミニマルな暮らしについて綴ります。
 
 
全てを捨てて、家族に尽くす事

 

 
 
私の品質を最も高めるのは、家族です。
間違いありません。
 
家族を満足させる事だけに集中していれば
私は満足します。
 
仮にその手段が「仕事を辞める」ならば、
迷わずそうするべきです。
逆に、家族のために収入が必要とあらば、
仕事に心血を注ぎます。
 
ところが、
自己肯定感を高めたい私は、
家族の為だけに過ごすという行動に、
障害(コンクリフト)が生まれてしまいます。
この状況については、
にて否定します。
 
勉学に勤しむ時の朕は基本的に焦っています。
劣等感に追われている状態です。
 
知識は腐らずいつまでも存在しますが、
家族は違います。
 
優先度はどちらが上か、わかりますね。
 
 
一人の時の過ごし方

 

 
仮に、休日に一人で過ごすことになった際、
基本的なライフワークを記載するのでこれに従います。
 
5:00起床
・読書
・運動
・掃除
・座禅
・睡眠
21:00睡眠
 
これで結構です。
必要とあらば、
食事を摂る、アロマを焚く、
珈琲豆を焙煎するなどで時間を過ごします。
 
どこかに行かなくちゃ、何かしなくちゃと、
充実させなくては、などと考えなくて結構です。
 
一人の時は、一人の時間を過ごす。
これが究極の贅沢なのです。