やりたいこと100ある男がやるブログ

やりたいこと、数は100。いつまでにできるか!

ホワイトな職場で鬱病になりました②

 

<前回>

bakanewgame.hatenadiary.com

 
 
 
仕事を休んだら、仕事が無くなったら、
どんな世界になるのか想像できませんでした。
 
「隕石が落ちてきたらどうする?」
 
と同じくらい、現実味の無い世界でした。
 
だから、
休職したら人生が急展開
するんじゃないかとドキドキしていました。
 
 
現実は、
仕事を休めば、仕事をしないだけ。
何も勝手には変わりません。
 
 
 
最初はルンルン、その後イライラ

 
休んだ当日は、本当に幸せでした。
 
もう悩まなくていいんだ!
無理やり出勤しなくていいんだ!
もう仕事をしなくていいんだ!
ずっと好きな事ができるんだ!
カフェだって行けるぞ!
 
私の体調を気にしていた親にも、
「休職した!幸せ!」
と思わずLINEを送りました。
 
目の前はロマンにあふれています。
 
一ヶ月も休めば、
鬱も治って、
気分も一新、
もしかしたら新たな出会いによって転職してるかも!?
 
 
……しかし、現実は異なります。
 
出社しなくなった事により緊張の糸が切れた様で、
気分の落ち込みはやや激しくなりました。
 
具体的には、とにかくイライラしていました。
少しの事が気に障り、声を張り上げて怒鳴ることもありました。
 
夫婦喧嘩で離婚というフレーズを、
私から出したのはこの時が初めてです。
 
まともじゃなかったです。
 
何をすればいいか、何を考えればいいか、
何を目指せばいいか、路頭に迷った感覚に陥りました。
 
不安と焦りが押し寄せます。
 
思考もずっとネガティブです。
 
・誰も自分の気持ちなんて分かってくれない、
・どうせズル休みしているって馬鹿にしている。
・家庭内でも役立たずって思われている
 
こんな感じで、
30連休だぜヤッホーイ!
なんて気分にはなれませんでした。
 
 
 
死神が憑いている

 

 
「人が生きる為には、働く必要があるんだ。」
という事を痛感しました。
これはビジネスや家事を言っているのではありません。
 
朝起きて、今日は何をするか考えて目標を立て、
それに向けて準備を始める。
ご飯を食べる。運動をする。
 
当たり前な事を言っている様ですけど、
これらは生きる為に働いているんです。
 
だから、
「思い切って今日は1日寝ちゃおう!」
っていうのも意図があるなら、
私は働いているにカウントしてもいいと思います。
 
何をすればいいか分からず、
何をせずに、
ただ過ごしているだけでは、
死んでいるのとほぼ同じです。
 
そんな状況を避けるべく、
色々とスケジュールを埋めてはみましたが、
虚無感が付きまとい、楽しくありません。
 
これはうつ病や休職が原因なのかわかりませんが、
少なくとも、仕事をしていない期間は、
遊びまくれる様な精神状態ではありませんでした。
 
 
まとめ

 
・休職しても、それだけでは何も変わらない。
 
・むしろ、緊張感がなくなったせいか、
 毒性反応が強く出た。
 
・何をしても楽しくない。
 
 
好きな事を仕事にしたいと思いつつ、
色々と考えました。
 
そんな右往左往した夢や進路を次回綴ります。