やりたいこと100ある男がやるブログ

やりたいこと、数は100。いつまでにできるか!

やりたい事が無い時に、かさこ塾を受講した男

結論、
受講して良かったです。
良い体験にお金を使いました。
 
宗教チックなイメージがありましたが、
かさこさんからつながりを求めてくるような話は
一切ありません。
 
むしろ、セミナー自体は淡々と事が進むので、
こちらから絡んでいかないと交流できないくらいです。
サークル活動くらいのカジュアルさです。
 
 
塾生に占い師やセラピストが多いのが印象的でしたが、
なにか妖しい話を持ちかけられる事はありません。
 
こういっちゃなんですが、普通のきちんとされた方々ですw
 
大阪で「押せ押せのスピリチュアル商法」が無かったんですから、
他県ではまずありえないでしょうw
 
 
興味が微かにでもあるなら、
受講されるといいと思います。
 
もし、そこで残念だと思ったのならば
批判的なブログや記事を見かけないので是非、書いてください!
(○ちゃんじゃなくて、ブログかSNSがいいなぁ。)
 
ぼく自身が、細かいところに気が付かないので、
dis記事でもTweetでもなんでもいいので、
改善点を見出だした記事が書けるとめっちゃいいです。
 
それで講義の質が上がれば、
ぼくを含め、卒業生もハッピーなわけです。
 
 
 
 
お前もかさこ信者だろうが

 
 
 
好きと嫌いは表裏一体でしょ。
 
ぼくは、かさこさんに対しては
無でした。無。
 
 かさこさんを知ったきっかけは、
妻から教えてもらったことです。
 
・・・「好きな事を仕事にする」ねぇ。
  
へぇ。
 
 
心屋仁之助さんみたいなの
好きだねぇ〜。
 
 
 
このひと、趣味でギターも弾いているんだ・・・。
 
 
へぇ。
 
 
心屋仁之助さんみたいなの
好きだねぇ〜。
 
 
それで話は終わりました。
 
 
しばらく経った後、
妻にケツを叩かれて、
入塾する事になりました。
 
 
 
セミナーの教え

 
 
MAIN
 
・好きな事をとにかく続けなさい
 
sub
 
・ブログで好きな事をアウトプットしなさい
 →いつか誰かが、仕事をふってくれるかもよ!?
 
・名刺やセルフマガジンでセルフブランディングしましょう。
 →自分を商品化して売っていこう
 
technique
 
・ブログタイトルについて
・こんなブログは読まれない
・肩書きについて
・キャッチコピーとは
・プロフィールとは
 
BOOST
 
・死を想え
 →いつ死んでも後悔しない人生を送りましょう
 
・才能は継続する情熱
 
ーーーー
 
ざーっくり、こんな内容。
謎の英語使い。
 
生活を崩さない様に、好きな事を続けましょう。
というスタンスは崩さず、
何かを強要する事は一切言わないのが印象的でした。
 
 
「やりたい事がない会社員」には距離感があるなぁー、
なんて時間もありましたが、
 
結局、このセミナーを通して、
やりたい事を自ら100個見出して、
ブログを書いている毎日です。
 
で、結構楽しいんだこれが。
 
 
 
受講費高くね?

 

 
ぼくの価値観でも低額とは思いません。
5万円だったかな?
 
逆に5万円あったら何に使いますか?
 
 
ずーーっと欲しかったものがあるなら、
それを買うべきでしょう。
 
使いたくないなら、
置いておきましょう。
 
インドにいって修行するなら、
そうするべきでしょう。
 
生活に困っているなら、
絶対に生活費に充ててください。
 
使いみちが思いつかないなら、
「体験」にお金を使うべきでしょう。
 
ぼくは、その「体験」にかさこ塾を選んだのです。
 
 
 
5万の価値あるの?

 
うまい棒って10円の価値でしょうか。
たこ焼き味は10円ですが、
めんたい味は倍の20円だせます。
 
と、屁理屈はおいといて、
 
 
個人的に受講される方のステップとして、
下記の方がドンピシャだと思いました。
 
・主婦(夫)及び企業したての方
・クリエイティブ職未経験
 
この条件だと、新鮮なお話ばかりで、
一語一句、聞き逃がせないでしょう。
 
反面、IT関連のデザイナーさんにとっては、
基礎的な話になるのかなぁと思います。
 
そこで私の妻もデザイナーなので、
「君が行っても退屈だったかもよ?」というと、
 
自分が知っている事と、教えてもらう事は違うから。
 
ですって。
 
あらやだ。
なんて、前衛的な学習意欲。
もうその日本語ワケわかんないですたい。
 
 
 
かさこってやばくね?

 

 
 
そりゃヤバいっすよ。
 
毒舌キャラなのが有名な様ですが、
実際にお会いすると、
腰が低くて・・・物腰の柔らかい方です。
で、本当に腰がヤバかった人です。
 
人事部か経理部(融通きいてくれそうって意味で)
に欲しいタイプです。
 
セミナーの看板の文字をみれば、安心できます。
 
 
 
 
 
でも、
セミナーを意欲的に開くタイプって感じゃないんです。
I’m KA!SA!KO! year!!! 感が無くて。
 
この方は、好きでセミナー開いているのかな??
って思いました。
 
 
 
かさこさんと喋ってみたよ

 
議事録風に口調を変えました
 
ーーーー
 
かさこさん:
自身の毒ツイートで傷ついてしまう人が
いるのではないか。
場合によっては調整の必要も検討する。
 
私:
毒気は調節しないでほしい。
むしろフォロワーに配慮して
マイルドになるほうが抵抗がある。
 
 
私:
かさこ塾をするきっかけについて
お聞かせ願いたい。
 
かさこさん:
最初はブログ読者から、
「趣味を仕事にする方法を教えてほしい」
という質問がきっかけ。
あとは勧められてセミナー形式になった。
当初はカメラ業に支障が出ない程度に
抑えていたが、面白い人に会える事が楽しく、
今はセミナー業に重きをおいている。
 
ーーーー
 
最初は緊張はしましたが、
とても自然体なお方でした。
 
次、お会いした時は、
もっとフランクに会話できればと思いました。
 
 
 
人との交流の刺激

 

 
このセミナーの目玉は、かさこさんに
「何度でも」アドバイスを頂ける事だと思います。
(卒業後も)
 
ですが、塾生同士の交流もまた価値がある刺激です。
整理できないレベルで人と交流しました。
 
 
ぼくのような企業の会社員が、
自身のビジネスになんの影響もない人と会話して、
なにか意味があったのかと聞かれると、
 
むしろ、ビジネス抜きでお話できるから、
メリットしかないかと思ってます。
 
たくさんの人が、まったく知らない職業を、
次々と紹介してくれるんです。
 
たくさんの名刺を頂きました。
 
色んな経緯や思いがあって。
5分間のドキュメント×30回みたいなもんで。
 
人見知りなぼくにとっては疲労はしましたが、
有意義な時間でした。
 
人は挨拶だけでも、
数回顔を会わせると仲良くなれるんですって。
次はもっと仲良くなれているのかな。
 
 
 
まとめ

 
損はしない体験ができました。
世界が広がります。
 
かさこさんを含めて、
人って面白いなぁってしみじみ思ってます。