やりたいこと100ある男がやるブログ

やりたいこと、数は100。いつまでにできるか!

バカ殿ひとりの限界

 
何かを始める前の下調べは大事です。
何かを買う前も同じです。
「情報」って絶対に武器なのです。
 
でも、
その下調べって、
センスを問われる作業なんですよね。
 
で、
ぼくは、そのセンスがかなり乏しい
と断言できます。
 
だから、人の力が必要なんです。
 
優秀で、ずる賢く、
狐の様に立ち回り、
蛇のような鋭い目つきで、
物事を舐めるように観察する、
 
ぼくの手を引っ張ってくれるけど、
目立つのが大嫌い。
 
そんな相棒が必要なんですよ。
 
君が考えろ、
あとは
ぼくに任せろってやつね。
 
だって、
口下手で仏頂面の君が、
引きつった笑顔で寄ってきても、
ぶっちゃけ引くんだよ。
 
ダッさい情報力のぼくが、
徹夜でつくった資料(ドヤァ)は、
君なら30分で、
しかも高品質で作れるんだよ。
 
 
 
朕はググらないバカ

 
 
ぼくが、
コーヒータイムや
子供との触れ合いや、
睡眠時間を、
犠牲にしてプレゼン動画を作りました。
 
でも、それと、
ほぼ似たような動画がありました。
 
 
すっげー面白いし、
なんていうかスマート。
 
つまり、これを参考にできていれば、
もっと簡単に制作できていたってこと!
 
3時間くらいかかったのが、
30分でできたかもしれないってこと!
 
しかも、
検索すればすぐにヒットする
有名な動画ってこと!
 
もう、悔しくて!悔しくて!
 
(でも字幕ついていない動画を
わざわざ字幕付きに設定してまで
見ないんですけどねぇ……) 
 
 
 
別にいいじゃないの。

 
ぼくの性格上、
負ける事は大したことじゃないんです。
 
「失敗」と「損」が大嫌い
 
っていうか、怖いんです。
 
だから、ぼくは冒険しないんだ!
って話は置いといて。
 
ぼくは損をしたんです!
時間を大損した!
 
だから、悔しい!
 
だけど、
そうならない様に
事前に調べたりする事は、
出来ない!
 
不器用なんです。
 
痩せたいけど食べちゃうのと一緒。
 
 
 
親切丁寧なだけでは低品質

 
ぼくはセミナーの宿題として出された、
「3分間のプレゼン」の為に、
シートを作り、あれこれ考えておりました。
 
適当に済ませず、
真面目に取り組みました。
 
でも、
そんな努力を評価してくれるのは、
学校の先生と、親だけです。
 

Evernoteで作ったシート
トゲのある言葉は少々柔らかくしておきましたw
 
 
なにが悔しいって
仮にお仕事だったとしたら、
ぼくが徹夜して作ったものを、
他社さんは数十分で作り上げちゃう・・・。
 
ん?・・・いやいやいや、
そこじゃない!
 
すでに出来上がっているものを、
ぼくが時間をかけて作っていたという感覚が
許せないんだ!
 
つまり、
「わたしも、Googleには及びませんが、
検索エンジン作れました!」
(クゥ~疲れました!)
 
ってこと。
 
こいつバカと思いません?
すっげーけど。
いや、Googleあるし・・・
ってなりません?
 
 
 
誰かに相談できる力

 
 
自分がやってみたいプレゼンについて、
誰かに相談していれば、
すぐに参考動画に出会えていたかもしれません。
 
でも、
誰かに相談なんて出来ない!
恥ずかしいし、煩わしい!
 
ここが改善点なんですよねぇ、
ぼくの。
 
人に頼れない弱さ。
 
迷惑をかけることができない臆病さ。
 
 
ぼくは、
失敗が怖くて、冴えない男だけど、
目立つ事が好きなバカ殿様なの。
 
でも、
そんな自分が満更でもないの。
 
だって、今回の事を肝に命じて、
何かを変えようと思っても、
ぼくの愛すべき冴えない部分は、
あんまり変わらないと思うのです。
 
ふふふ。
痛い目にあうべきかな。
 

 
ふぅ、吐き出せてスッキリした。
一日中、モンモンしてたぜ。
ん?情報は武器?
なんのこと??