やりたいこと100ある男がやるブログ

やりたいこと、数は100。いつまでにできるか!

行動しないという行動

 
 
 
しないってあり?
 
 
最近、
「休む」「逃げる」がポジティブな意味として
扱われるようになった印象があります。
なんだか胸のすく思いがして、嬉しいことです。
 
「逃げる」については、
孫氏の兵法にも含まれているみたいです。
 
“ーー危機的状況の中で挽回の策を考えるよりも、
まずは逃げる事で安全な環境を作ったほうがいい”
 
といった内容でした。
 
 
「休む」ことは言わずもがな、
貴重な行動です。
 
実際、毎日ランニングするよりも、
3日間毎に走る方が体が軽かったり、
僕自身、うつ病で休職して、
現在は仕事に対するモチベーションが
過去より高かったりします。
 
 
でも、それらって「行動」なんですよね。
 
コマンドを選んだうえで
「実行」するアクションなんでよ。
 
 
だから、
「何もしない事」を推してくれる話はないのか
 
と。
 
さすがに孫子も、
「何もしない」を兵法とはしなかったようですw
 
で、
検索したら、
メンタリストのDAIGOが推してました。
 
 
 
よーーーーするに、
 
何をしないことにより、
脳をリラックスさせる効果が期待できて、
それが様々なメリットがあるんですって!
 
 
 
 
リラックス
 
「ぼーっ」とすると、
イデアが生まれやすいという研究結果が
あるんですって。
 
「ぼーっ」はまさに脳のリラックス状態では
ないでしょうか。
 
何を見るでの、話すでも、聞くでもなく、
感情もなく、ぼーっとするのです。
瞑想もざっくりと言えば、そういうことですかね。
 
なので、
イデアが出てこない時は、
その環境から逃げる
休む、何もせずにぼーっとする。
 
が改善策の一つともいえます。
 
また、脳をリラックスさせてあげると、
集中力が回復するのだとか。
 
作業の合間、合間に休憩を挟むと、
集中力を絶やさずに済みそうです。
 
作業時間と休憩時間については色々と言われています。
 
90分毎に15分の休憩や、
15分毎に5分の休憩などなど…。
 
この辺はもう好きにしちゃっていいのかなぁ
って感じで、ぼくの仕事上、
60分に10分くらいの休憩をとるくらいが、
運用しやすいので、そうします。
 
 
 
 
んでも
戦略的見解に
 
 
結局、
何をしていても、良い効果って
あるんじゃないの?
 
って思えちゃいます。
 
ただし、
「気づけばyouyubeを眺めていただけ。」
というのは、
意味もなく神経を消費してしまっているので、
 
遊ぶ時は遊ぶ!
ジャンクフード食う時は思いっきり食う!
youtube見る時は楽しむ!
 
といった様に、自身の行動を認知しておけば、
やれ「ストレスの緩和」だのなんだのと、
良い効果が勝手に生まれてくるもんです。
 
生まれる…
いや、自身の行動により良い効果があると
言い切りましょう。
 
 
あー!
ビッグマック(+パティ追加)食ったから、
明日から絶対調子いい!
 
って。言い切りましょう。
 
科学的根拠を信じるも、
神のお告げを信じるも、
自分の言葉を信じるも、
 
「自身を動かす信仰心」としてはどれも同じ。
 
 
いってる僕は、
個人的には、いちいち科学的根拠があるのか
気になるクチですが、
最終的には「やりたい欲」が全てです。